横浜市内で経年劣化したマンションの大規模修繕工事を行いました

修繕工事は長期的に資金計画を立てることが重要

次回以降は状況に応じて金融機関から融資を受ける可能性もあります。
2回目移行の修繕は積立金のみで賄うことができなくなる可能性があるので、しっかりと資金計画を立てることが重要です。
マンションの修繕工事を行う流れとしては、まず建物の検査を行い工事方法を決めます。
建物の状況に適した工事方法を決めたら、実際に着工します。
管理会社に発注する場合、検査から着工までの全てを任せることになります。
その他にも工事業者に任せる方法や、コンサルタントと工事業者に依頼する方法が存在します。
私のマンションでは管理会社に全てを任せる方式で工事を行いました。
この方法だとマンションの管理を理解している会社に任せることができます。
また工事完了後に管理会社からサポートを受けることができるというメリットもあります。
工事会社の選定を住人が自ら行う必要がないので手間が省けます。
マンションの大規模修繕工事には多額の出費が必要になります。
住人同士がよく話し合って最適な方法を選ぶことが大切です。

日頃からメンテナンスをしていると建物の劣化を防げる : 大規模修繕工事には準備に1年から2年ほど時間がかかる : 修繕工事は長期的に資金計画を立てることが重要

大規模修繕工事 横浜こちら大規模修繕工事 横浜