横浜市内で経年劣化したマンションの大規模修繕工事を行いました

日頃からメンテナンスをしていると建物の劣化を防げる

私は横浜市内のマンションを新築時に購入してから10年ほど住んでいます。
一般的にマンションは築12年を過ぎたら大規模修繕工事を行うものとされます。
私の住んでいるマンションでも手すりが錆びてきたり外壁にひびが入るなどの症状が見られるようになったため、修繕工事が行われることになりました。
経年劣化したマンションを放置していると、症状が進行して資産価値が下がってしまいます。
資産価値の低下したマンションからは住人が流出するため、積立金が不足して満足な修繕を行えなくなる可能性があります。
外壁のひび割れなど、様々な症状が進行する前に定期的なメンテナンスを行うことが大切です。

私のマンションでもメンテナンスが定期的に行われていたので、大規模修繕工事は必要最小限の部分だけで済みました。
日頃からメンテナンスを行っていると建物の劣化を防ぐことができます。
大規模修繕工事を行う際の出費も抑えることができるので経済的です。
定期的なメンテナンスを行わないと症状が進行して直すのに大きな出費が必要になります。
例えば給水管や配水管など普段は目に触れない場所にある設備は、知らないうちに劣化している可能性があるので注意しなければなりません。
給水管や配水管に亀裂が入ったり内部が詰まったりすると、水漏れや逆流を起こす可能性があります。

日頃からメンテナンスをしていると建物の劣化を防げる : 大規模修繕工事には準備に1年から2年ほど時間がかかる : 修繕工事は長期的に資金計画を立てることが重要